悪玉・LDLコレステロールを下げる大事なポイントとサプリメント

悪玉コレステロールが高い原因や対策について

病院での血液検査や人間ドックや生活習慣病予防検診などで悪玉コレステロールの数値が高いと診断されたことがあるという人は多いのではないでしょうか。悪玉コレステロールが高い原因は生活習慣の乱れにあります。偏った食生活、睡眠不足、運動不足、不規則な生活リズムなどの不摂生な生活習慣が続くことで悪玉コレステロールの数値は高くなります。悪玉コレステロールの数値が高くなると動脈硬化を発症するリスクが高くなり、動脈硬化が進むと脳梗塞や心筋梗塞などの病気を発症するリスクが高くなります。ですので、早めに対策を講じて早めに悪玉コレステロールの数値を下げることが大切です。そのためには、食生活の改善から始める必要があります。脂肪分の多い食事をなるべく避けて、脂質の代謝を促進させるためにビタミンB群を積極的に摂取することが大切です。青魚に含まれているEPAとDHAは悪玉コレステロールや中性脂肪や血圧の数値を低下させる効果があります。積極的に摂取することで動脈硬化の予防に大きく役立てることができます。サバやサンマやマグロやイワシやカツオなどに含まれていますので食事のメニューに取り入れてみましょう。サプリメントやドリンク剤などから摂取するのも効果的です。

DHAとコレステロールの関係は切っても切り離せない

病院での採血や生活習慣病予防検診や人間ドックなどでコレステロールが高いという結果が出たことがあるという人は多いのではないでしょうか。コレステロールの数値が高いままにしておくと高脂血症になり、同時に中性脂肪や血圧の数値が高くなると血管が硬くなったり狭くなったり血栓ができてしまったりして動脈硬化を引き起こしてしまう可能性もあります。動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞のリスクファクターとなる血管の疾患なので、早めに対策をしてしなやかで健やかな血管に導くことが大切です。そこで役立つのが多価不飽和脂肪酸の一種であるDHAです。DHAは、カツオやサバやマグロやイワシやサンマなどの青魚に含まれる成分であり、コレステロールの数値を効果的に下げてくれる働きがあります。DHAとコレステロールの関係は切っても切り離せないものですので、積極的に摂取して動脈硬化を防ぎましょう。DHAにはコレステロールの数値を下げる働きだけではなく中性脂肪や血圧の数値を下げる働きもありますし、記憶力をアップさせたり認知症を予防したりなど脳の機能を高める働きもあります。アレルギーの症状を抑える効果などもあるので、健康に大きく役立てることができます。